So-net無料ブログ作成
検索選択

「精霊の守り人」シーズン2の予告 【その2】 [ドラマ]


「精霊の守り人」シーズン2の予告 その2

15歳になったチャグムと

父親である帝の関係はその後どうなったのでしょうか?




スポンサーリンク












一時は父親である帝から暗殺されそうになったチャグムですが

王宮に戻り皇太子となる決心をします。

そのチャグムも15歳になり、3歳になる弟トゥグムと共に

幸せな日々を過ごしていました。

しかし、その幸せな日々も帝によって奪われてしまうのです。

またかい!!


◆ サンガル王国とタルシュ王国の争い

ある日、帝のもとにサンガル王国から援軍の要請が来ました。

サンガル王国はタルシュ帝国に攻められているのです。

タルシュ帝国は南の大陸にある超大国!

海に面しているサンガル王国と大陸のタルシュの戦いです。

こういう問題って、そう簡単には決断できるものではないですよね。

だって、もし援軍を送ったサンガルが負ければタルシュ帝国は北上して

新ヨゴ国にも進軍してきてしまうんですから!!

そこで二ノ妃の父の海軍大提督トーサ

宮殿で開かれた臨時の評定で

「実はもうサンガルはタルシュ帝国の手に落ちていて、

我々ヨゴ国を帯び木寄せる罠かも知れないから

援軍は慎重にすべきだ」

と進言します。

ほんと、おっしゃる通り。

ほとんどの人がそう思うはずなんですが、

帝は違うんですよね~。

不思議。

息子のチャグムだって、

自分のおじいちゃんであるトーサの意見を支持していて

「もしタルシュが北の大陸を征服するのが目的なら

同じ運命にあるロタ王国やカンバル王国と

同盟を結ぶべきだ」

と帝に意見するけどあっさり却下。

なんで!?

結局帝は戦闘の帆船を一隻援軍として送ることと、

なぜかそれをトーサに率いさせることを命じます。

チャグムは帝に反論するのですが

これもみごとに無視。

トーサを加護する為という理由で

一緒に船に乗るように命じてしまうんです!

自分にとっての目の上のタンコブ的な人物は排除するのが帝。

これって、本当に国のことを思っての決断なんでしょうか?




スポンサーリンク













◆ 忍び寄ってくるタルシュ帝国の罠

もう、自分だったら絶対に行きたくないサンガル王国に

帝の命で行かなくてはならなくなったチャグムとトーサ。

チャグムの教育係のシュガと

狩人のジンとモンも一緒に船でサンガル王国に向かっていましたが、

実は秘かに密書を送っていたロタ王国に立ち寄ることになっていました。

帝の思うままにはならないぞ!

そこで謁見したロタ王のヨーサムに

同盟を結ぶ意志を示してくれれば

父の気持ちも変わるかも知れないと話します。

ヨーサムは国の事情で今すぐには答えられないと正直に話します。

2人は年こそ離れていたけど

お互いを友と信頼し合い、また会うことを約束します。

別れ際ヨーサムはチャグムに

「どうか命を、無駄にしないでほしい」

と頼みます。

船に戻ったチャグムは友に言われたとおり

無駄時には絶対にしないぞ!

と心に誓うのです。

そしてついにサンガルが近づいたとき、

会場にかがり火を灯した無数のサンガル王国の船団が

新ヨゴ国の軍艦に迫ってきました。

やっぱりね。

これって罠だったのね!

結局タルシュに降伏していたサンガル。

(ほら、言わんこっちゃない)

サンガル人の司令官のオルランはトーサに

武器を捨てて、全員自分たちの船に移るように指示します。

(まったく、卑怯者が何を言うか)

そして捕虜をタルシュに引き渡せば

サンガル王国は忠誠を示すことが出来る。

(しらんがな!)

さらに新ヨゴ国も無傷のまま服従する機会が与えられる。

(人を巻き込んでおいてなんだこの上から目線は)

まぁ、好き勝手なことを散々述べたサンガル人のオルラン。

捕虜にならなければこの船は沈み、

タルシュ帝国あ新ヨゴ国に向かうことになると

脅しまで入れてきた!

トーサは仕方なく新ヨゴ国を守るため捕虜になることを選ぶのですが

とっさの機転でチャグムが皇太子と分からない様に

兵士の服に着替えさせます。

(さすがおじいちゃん。孫の命と国を守った)

トーサは敵に人命を預けても

船を渡すわけにはいかないと

全員を敵国の船に乗せた後、

軍艦に一人で残り、火をつけるのです!

自分を守り、国を守ったおじいちゃんが乗っている船が

炎上しながら沈んでいくのをチャグムは泣きながら見つめているのです。

その3に続く・・・

【再放送のお知らせ】

シーズン1最終回「決戦の時」

はNHK総合で4月16日(土)午前0時15分から(金曜深夜)

放送です!

見逃してしまった方は是非ご覧くださいね。





スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ドラマ「精霊の守り人」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。