So-net無料ブログ作成
検索選択

【精霊の守り人】綾瀬はるかバルサを演じるために肉体改造 [ドラマ]

「精霊の守り人」放送までいよいよカウントダウン

関連番組も続々と放送開始。

紙面各紙もインタビュー記事を掲載していますね。

バルサを演じる綾瀬はるかさんもその撮影の苦労を語っています。




スポンサーリンク












◆ 短槍(たんそう)の名手、バルサ

綾瀬さんと言えば色白で優しい顔立ち、

ホワ~っとした雰囲気を醸し出している女優さん。

でもこのバルサは年齢こそ30歳と、綾瀬さんと同じだけど

それ以外は全く共通点のないキャラクター。

綾瀬さんも「ぶっきらぼうで顔は泥だらけ、しかも男っぽい」

と最初はどう演じるか悩むことが多かったといいます。

そのバルサは女用心棒で短槍使いの名手。

アクションが命の役なんです。

“名手”を演じるために綾瀬さんは大変な身体づくりに挑んだ様です。


◆ 大変だったアクションシーン

予告動画で見た綾瀬さんのアクションは

それはもう惚れ惚れするほどの身のこなしで

ブルスリーの見事なヌンチャクさばきを見ているかのよう!

目が釘付けになりました。

アクション指導された辻井啓司さんも

「しびれるほどカッコイイ」

と太鼓判!

綾瀬さん自身は

❝「八重の桜」のスペンサー銃よりは軽いけれどまあまあ思い。短槍を振り回す為、毎日200回の腕立て伏せなど「肉体改造」に取り組みました。でも、それでも撮影は過酷でした。1日目で「あれだけ筋トレしたのにこんなにきついなんて・・・」と心が折れそうになり、脚の青あざは毎日10個くらい出来ていました❞

と話しています。

この苦労の上にあの超かっこいいアクションがあるんですね。




スポンサーリンク












◆ 運動神経抜群の綾瀬さん

綾瀬はるかさんがバルサに選ばれた

一番の理由が「身体能力が高い」から。

原作者の上橋菜穂子さんがキャストを選ぶうえで

一番大事な要素として挙げたのが

「アクションが出来る女優さん」という事。

それに関して

綾瀬はるかさんは中学3年の時に

中国地区の駅伝大会に出場した経験もあり

バラエティー番組で空中ブランコに挑戦した時も

たった数回の練習でなんなんくクリアーしてしまうほどの

センスの持ち主。

きっと回を重ねるごとに技に磨きがかかっていくんだろうな

と今から期待大です!

☆彡お知らせ

NHK実写ドラマ化が迫る中

「闇の守り人」の第2巻が発売されます。

あわせて1巻も重版決定です♪

闇の守り人(2) [ 上橋菜穂子 ]

闇の守り人(2) [ 上橋菜穂子 ]
価格:680円(税込、送料込)



闇の守り人(1) [ 上橋菜穂子 ]

闇の守り人(1) [ 上橋菜穂子 ]
価格:680円(税込、送料込)







スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
ドラマ「精霊の守り人」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。