So-net無料ブログ作成
検索選択

【精霊の守り人】韓国ロケ&ドラマガイド情報 [ドラマ]

精霊の守り人を調べるとなぜか

韓国」というキーワードが出てきます。

なんでだろう?と思っていたら

韓国ロケがあったんですね!

バルサとチャグムが旅の途中で立ち寄る“百軒通り”

韓国のスタジオ、龍仁大長今パークで撮影しました。






スポンサーリンク












◆ 13歳のバルサ

綾瀬はるかさん演じるバルサの子供時代を演じる

清原果耶さんのブログによると

去年の10月ごろ韓国でロケをしたようで

乗馬をしながらのアクションに苦労した内容が書かれていました。

美術担当の山口類児さんも

「韓国のスタッフと何回もやり取りしてセットを作った」際の

苦労の一つとして

色は青と伝えても日本人が考える青と違ったりして

それを伝えるのに苦労したと話しています。

韓国にある龍仁大長今パークは大規模なオープンセットで有名な場所。

日韓のスタッフが協力してイメージを構築した建物のセットも

こだわりが満載です!

◆ でもなぜ韓国?

ほかにも韓国というキーワードが出てくる理由として

登場する人名や地名が韓国語っぽい感じがするというものがありました。

そう言われるとそんな気もするし、

そうじゃないと言われればそんな気もするし・・・。

原作者の上橋菜穂子さんは文化人類学者で

オーストラリアの先住民、アボリジニの研究をしているそうで

そういったことから世界に大きく視野が開かれているお方。

「精霊の守り人」のような児童文学も書けば

「鹿の王」など医療小説も書きます。

知識も豊富な上橋さんなので

頭の中には「韓国」をイメージした部分もあったかもしれませんね。


◆ 「精霊の守り人」のガイドブックが発売されます

NHK放送90年記念という事で

いろいろ扱いが豪華な「精霊の守り人」!

今月に入って版元が記念に発売した

数量限定の「守り人」世界地図付きの本

詳しくはコチラ⇒世界地図付き数量限定本

さらに「精霊の守り人」Season1完全ドラマガイドを発売

発売日:2016年3月4日
電子書籍配信日:2016年3月11日
定価:(税込み)1080円
判版:A4

バルサを演じる綾瀬はるかさんはじめ

オールキャストのインタビューから

セットや衣装、VFXなど実写化の裏側まで網羅した

シーズン1完全ガイドブックになっています。









スポンサーリンク











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
ドラマ「精霊の守り人」

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。